西東京市,田無駅,眼科,土日祝日診療,緑内障,白内障日帰り手術

田無駅徒歩2分土日祝日も夜18:30まで診療
東京都西東京市田無町2-11-7

緑内障,白内障(日帰り手術),糖尿病網膜症など

糖尿病網膜症Diabetic retinopathy

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は、腎症、神経症とともに糖尿病の三大合併症の一つで、緑内障と並んで成人中途失明の主な原因です。
見にくくなってからでは失明させないのが精一杯の治療になりかねません。
糖尿病の方は必ず眼科を定期的に受診してください。

糖尿病は根本的には血管の病気です。
血管のうち、細い血管からまずやられていきます。
その代表が網膜(目をカメラで例えればフィルムの部分)です。

網膜症は初期には網膜に出血が生じますが、この時点では無症状です。
病気が進行して硝子体(眼球内部)に出血すると、さすがに自覚できます。
しかしこの時点からの治療開始では、後手後手になってしまうことが多々あります。
その前の段階で治療開始する必要があります。
その時期を逃さないようにするためには、 自覚症状がないものですから、定期的に眼科で診察を受けていただき、我々が対応していくしかないのです。

糖尿病網膜症のレーザー治療

治療に際して、もっとも重要なのは早期からの血糖コントロールと定期的な眼科検診です。

眼科での治療は、主にレーザー治療と手術治療となります。
手術は状態が悪くなってしまった時の選択で、通常はレーザー治療から行います。
治療開始が遅れると失明させないのが精一杯、となってしまうこともあります。
定期的な診察で治療の時期を逃さないことが重要です。

当院では、蛍光造影検査ができる設備を整え、この検査結果に基づいてレーザー治療を行っております。
なお、レーザー治療は糖尿病網膜症のほか、網膜裂孔、網膜静脈閉塞症などの眼底疾患にも適応できるものです。

硝子体内注射などその他の治療

レーザー治療でも病状が治まらない場合は、眼球への注射(硝子体内注射)や手術という方法があります。

病状が治まらない状態には、網膜の浮腫、硝子体出血、網膜剥離、血管新生緑内障などがあります。
このうち網膜の浮腫のみであれば、ステロイドという薬剤を眼球内や眼球の裏側へ注入する方法や、抗VEGF抗体という薬剤を眼球内に注入する方法があります。
手術は硝子体手術というものになり、上記のいずれでも適応です。
ただ血管新生緑内障まで合併してしまうと、更に緑内障の手術も必要になることもあります。
網膜剥離や血管新生緑内障という段階では、失明させない治療という面も出てきてしまいます。
当院ではここまで悪化してしまった患者さんは、大学病院クラスの病院へ紹介させていただき、治療をお願いしています。